メタボ健診 早分かりNavi

メタボ健診の問題点

メタボ健診が義務化がスタートしました。しかしそれに対応する現在の医療体制やメタボリックシンドロームなどに対して、さまざまな議論が起こるようになりました。
近頃ではインターネットを活用し、ブログやホームページに自分の意見をしっかり書いている人たちがいます。
それらに書き込みされた意見は千差万別。活発な意見交換が毎日行われています。

そんな状況のなか、かなりメタボ健診に対しても意見交換が取り立たされています。肯定的な意見と否定的な意見が双方が見られます。
現在では、どちらかといえば否定的な意見が多いように思われます。

決してメタボ健診そのものはネガティブなものではありません。
時間や料金がそれほどかかるわけでもなく、危険な病気に進行する前に食い止めることができるのですから、デメリットよりはメリットの方が多いのことも事実です。

問題はメタボ健診を義務化してしまったことです。
メタボ健診を義務化したことにより、国民の皆さんは何らかの形で、確実に出費が必要になるということです。
それは健診料や指導を受けた際の治療費。それらに付随する交通費などのいろいろな費用です。この費用の負担を強いられることには、納得ができないという人は必ずしも少なくないでしょう。

さらにこのメタボ健診に関して、日本医師会などは次のような問題点が指摘しているようです。今まで行ってきた従来の住民健診との整合性の問題があります。従来の疾病予防や早期発見のための健診の対象者は生活習慣病に限定したものでありませんでした。
そのため、特定健診に上乗せして市町村の責任で実施される必要があり、さらなる医療費増大を招くかも知れないという指摘がされています。

これ以外にもメタボ健診の義務化で発生する問題点は、環境の整備です。
現在の医療体制では、全国各地どの医療機関でもメタボ健診が行えるというわけにはいきません。そのために早急な環境整備が必要とされるのわけですが、これを実施するにも相当な費用が必要なのです。

制度はスタートしましたが、これ以上に問題点が増えていくことは明らかです。見通しは不透明なままであると思われます。
今後、政府や医療機関がそれに対してどのような対処を行っていくのでしょうか。その動きに注目が集まることは間違いないでしょう。
posted by tomato at 12:25 | メタボ健診の問題点
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。